■日帰り旅行特集: ツォンジン・ボルドグ/チンギス・ハーン騎馬像施設

チンギス・ハーン騎馬像総合施設はウランバートル市から54キロ離れたトール川ほとりにあるツォンジン・ボルドグと呼ばれる場所にあります。この場所でチンギス・ハーンが金の鞭を拾ったという伝説があり、騎馬像は象徴的に彼の生まれ故郷の東へ向いています。

 

この施設エリアは全体的に212ヘクタールの広さであり、観光やレクリエーション施設があります。チンギス・ハーンの騎馬像は高さが40メートルで、10メートル高い台座の上に築かれています。台座はステンレスで全面覆われており、36個の柱に囲まれた構造になっています。36個の柱はチンギス・ハーン時代からリグデン・ハーン時代までの36人の王様達への記念を意味しています。台座となっている施設の中にはレクリエーションエリア、レストラン、記念品店、会議ホールが設けられています。台座施設から騎馬像の後ろ部分に位置するエレバーターで展示ホールへ上ることができます。そして馬の頸部と胸部を通り抜け、馬の首部分にある開いたスペースに出てくることができます。出てきたら、そこには美しい絶景があなたを待っています。

 

Tsonjin Boldog 3

天高くそびえるチンギス・ハーン騎馬像

Tsonjin Boldog 5

施設の入り口

Tsonjin Boldog 6

 施設内の博物館のロビーで展示されている世界一デカ~イモンゴル民族靴

Tsonjin Boldog 7

博物館内で展示されているチンギス・ハーンが拾ったという金の鞭

 

近い将来、施設エリア周辺には13世紀のモンゴル族が使っていたような馬の焼き印の形をしたゲルキャンプ(ゲル200個)ができる予定です。

 

  • LINEで送る

記事一覧へ戻る

  • 不動産仲介 BESTA REAL ESTATE

最新ニュース

Япон соёлын

モンゴル・ウランバートル ジャパンフェスティバル-2017

今年、第8回目を迎えるモンゴル・ウランバートル ジャパンフェスティバルが2017年9月9日と10日にて在モンゴル日本大使...

モンゴルサッカー トップリーグ-2017 インフォメーション

モンゴルフットボール連盟は1959年に創設され、1998年にFIFAとAFCに加盟しました。現在のモンゴル代表ヘッドコー...

sougen marathon

第21回モンゴル国際草原マラソン

来る9月10(日)にて恒例の草原マラソンがモンゴル陸上競技連盟の主催で実施されます。今年、第21回目を迎えるモンゴル国際...

投票、評価人気店舗

通貨レート

2024年5月24日時点

  • ウランバートルのいいところ
  • シェアオフィス

アクセス人気店舗

ウランバートルのいいところ